フローリングと二重床が一体になった超薄型二重床 エコエアーフローリング

dannetsu kyushu hoko shaon



製品の特徴


エコエアーフローリングの一番の特徴はその4層構造にあります。
特殊構造の中空材を使用した「空気層」と「遮音層」をはさむように「化粧合板」と「クッション材」で4層構造を採用しています。







衝撃吸収性能


転倒時の衝撃吸収性で、人にやさしく安全。

一般的に、安全性の観点から「転倒衝突時の硬さ(G)は100G以下であることが望ましい」とされていますが、エコエアーフローリングは大幅にその基準をクリアしています。空気層の反発力がクッションの役割を果たし、足腰や膝への負担を軽減。
万が一転んだ時でも転倒衝撃を吸収してくれるので、小さなお子様やお年寄りの方にも安心です。

エコエアーフローリングは、従来の直貼り接着工法の床材では困難だったこの数値をクリアした、
安全性を考慮した床材です。




木の弾力性


フローリング本来の硬さで、歩きやすい歩行感を実現。

直貼りフローリングは中央部と継ぎ目での硬さの差が大きく、素足の場合凹凸が違和感として感じられますが、エコエアーフローリングは部位による差がなく均一なため、不自然な沈み込みをなくして自然で快適な歩行感を実現。従来の直貼りフローリングの柔らかさを抑え、木質系フローリング本来の弾力性を可能にしました。



遮音性能


LL-40をクリアしたトップレベルの遮音効果。

エコエアーフローリングは遮音等級LL-40をクリアしています。マンション等の集合住宅では、上下階の生活音が大変気になり、トラブルのもとになりかねません。お子様の飛び跳ねる音やモノを落とす音など、日常生活の中で発生する様々な音を吸収するのも「空気層」の効果です。



断熱性能


断熱性の向上で省エネ性能もアップし、節電に効果的。

「空気層」の一番の効果は断熱性にあります。グラスウールやウレタンフォームよりも熱伝導率が低い「空気層」を採用することで、床からの放熱流出は一般の直貼りフロアに比べて3割もカット。室内の保温性能が上がることによって冷房効率も向上し、消費電力の節約になりますので、省エネタイプのエコなフローリングと言えます。

直貼り接着工法ではモルタルからの冷たさが伝わります。エコエアーフローリングではその冷たさを緩和します。